東都電鉄グループの歴史(東都電鉄、相武電鉄)

1904年 東京電車鉄道が品川~恵比寿間で電車の運行を開始

1913年 恵比寿電軌鉄道が発足。調布~恵比寿間の免許を取得  

1918年 太子堂~恵比寿間開業

1919年 恵比寿電軌鉄道、東京電車鉄道の品川~恵比寿間を買収

     太子堂~恵比寿間を複線化

1922年 会社名を「恵比寿電軌鉄道」から「恵比寿電鉄」に改名する。

1926年 調布~太子堂間開業、急行列車の運行を開始

1928年 調布~品川間全線が複線となる

     京王電気軌道府中~調布間へ直通運転を開始

1931年 京王電気軌道との直通運転を中止

1932年 太子堂~品川間の地下化工事が完了

1935年 太子堂~渋谷間の免許を出願、交付される

1937年 太子堂~渋谷間開業、調布~渋谷間の快速列車の運行を開始する

1940年 急行列車、快速列車の運行を中止

1943年 大東急に吸収合併される

1944年 戦争激化により、運行を休止。太子堂車両基地の車両をトンネル内に避難

1945年 東京大空襲により、太子堂駅、太子堂車両基地焼失

1947年 焼失設備の復旧完了、運行を再開

1948年 恵比寿電鉄、大東急より独立

1952年 新たな通勤圏拡大のため、国分寺~調布間の免許を出願、交付される

1956年 国分寺~調布間開業、国分寺~渋谷間で快速列車の運転を開始する

1958年 帝都高速度営団が、錦糸町~川口間、錦糸町~渋谷間、北千住~品川間の免許を取得

1959年 恵比寿電鉄、立川~国分寺間の免許を出願、交付される

1964年 立川~国分寺間開業、立川~渋谷間を本線、太子堂~品川間を恵比寿線とする。

1965年 東都外環高速鉄道が発足

1966年 東都外環高速鉄道、帝都高速度営団より上記3つの免許を受託
1972年 千川線東都船橋ー東都川口間、戸浜線松戸ー鶴見間開業
      当初千川線は標準軌で建設。東都船橋から京成線に直通

1975年 立川線東都錦糸町ー渋谷間開業
      こちらも標準軌で建設され、千川線経由で京成線に直通

     多摩川河口~富津公園間の免許を取得

1978年 恵比寿電鉄と東都外環高速鉄道が合併し、東都高速電鉄が発足

1979年 立川~渋谷間を改軌、立川線に。また太子堂~品川間も改軌
1981年 木浜線多摩川河口ー木更津間開業

      当時は多摩川河口~木更津金田間全線が海底トンネル
     調布~東都戸田間の免許を取得
1983年 港北鉄道設立、同時に東都グループが発足

       東都浜川崎~北町田間、茅ヶ崎城趾~太子堂間、港北NT~湘南綾瀬間の免許を取得

     木浜線複々線化用地に線路を敷設、外側2線を大日本鉄道に譲渡
1985年 木浜線を富津公園まで延伸

     東都川口~北戸田間、東都船橋~千葉間、立川~津久井中央間の免許を取得

     房総レンタカー設立

     東都相模湖グリーンパーク設立

     人工島「新海ほたる」工事竣工
1987年 埼調線調布ー新座馬場間開業
             新千葉鉄道を東都グループに吸収  

     東都浜川崎~北町田間の工事竣工、開通

     調布~港北戸塚間の免許を取得

     アワーズ東都、東都車輌設立
1989年 社名を「東都高速電鉄」から「東京都心高速鉄道」に改名

     千川線一部区間を三軌化 

     鶴見~東三崎(現、三崎マリンランド)間、東都長津田~湘南相模川間の免許を取得

     海ほたる~木更津金田間の高架化工事完了、海ほたる駅開業
1991年 埼調線を東都戸田まで延伸
     千川線を北戸田まで延伸

     長津田線調布~高尾山間開業 

     多摩川線全通、横浜線港北NT~港北戸塚間開業

     東都電鉄バス・タクシー(南関交通)設立

1992年 北町田~津久井中央間の免許取得
1994年 相武線立川~津久井中央間開業、当時から低床式

     立川~芝浦工大(仮)間の免許を取得

     茅ヶ崎線開業、大鉄線と相互直通運転

1995年 千川線を千葉まで延伸
     新種別「特急」を有料列車で運転、新種別「区間快速」を設定

     港北本線全通(現西相線区間開業)

     東都霧ヶ峰自然公園設立
1997年 相武線立川ー東都川越間開業
1999年 相武線芝浦工大大宮キャンパスまで延伸

2001年 北戸田~東大宮間の免許取得

      新佐島海水浴場設立
2003年 長津田本線高尾山~港北戸塚間が開業

     新種別「快速急行」を主要通勤路線に設定

     三崎マリンアイランド設立

2004年 山手高速鉄道設立、中里~長津田間の免許出願

2005年 中里~長津田間の免許を取得

2006年 霧ヶ峰貨物鉄道を買収し、霧ヶ峰高原鉄道設立、上諏訪~白樺車山間開業

     東都船橋~八潮中央~東都戸田間、千葉~幕張海岸~東都船橋間の免許を取得
2011年 千川線大宮まで延伸

     八潮線(さいたま東線)が開業
     本州高速鉄道と埼調線の直通運転開始
     明治旅客鉄道と千川線の直通運転開始
2012年 社名略称として、「東京都心高速鉄道」を「東都電鉄」に、

    「港北湘南鉄道」を「相武鉄道」に変更

2013年 中里~東都長津田間が開業し、東都川口線、茅ヶ崎線が開通

東都電鉄グループの歴史(新千葉鉄道)

1953年 鎌ヶ谷電気鉄道設立、鎌鉄鎌ヶ谷(現:新鎌ヶ谷)~宗吾・我孫子間の免許を取得

1956年 千葉県営鉄道、新銚子(現:新千葉銚子)~新成田間の免許を取得

1959年 鎌鉄本線、我孫子線開業 

1962年 千葉県営鉄道銚子線開業

1964年 鎌ヶ谷鉄道が北千葉鉄道に改称、

      東桜台(現:千葉NT中央北)~新成田間の免許を取得

1965年 三河原鉄道設立、新桜台~大竹山間の免許を交付

      三河原車輌工業(現:三河原車輌製造)を同時に設立

1967年 千葉県営鉄道銚子線、北千葉鉄道が受託

      北千葉鉄道成田線開業、北千葉(鎌鉄)鎌ヶ谷~新銚子間で急行列車を運転開始

1968年 北千葉鉄道、京成グループにより吸収

1969年 北千葉本線を北千葉鎌ヶ谷~新銚子間、印旛線を東桜台~宗吾とする

1972年 北総鉄道への直通運転準備の為、我孫子線より枕木交換を開始

1973年 北総鉄道が乗り入れを拒否、枕木交換を中止

1975年 北千葉鉄道財政難により、京成グループから追放

      急行列車の運転を休止

1976年 三河原鉄道本線全通

1978年 車両の多くが老朽化したものの、新車製造の資金がない為、印旛線、我孫子線を休止

1979年 千葉県と三河原市が北千葉鉄道を受託、経営改革を実施

1982年 三河原鉄道と北千葉鉄道の直通運転開始

1987年 八街鉄道設立、北成田~木更津金田間の免許を取得

1989年 北千葉鉄道を東都外環高速鉄道が買収、新千葉鉄道に

      種別「準急」、「急行」、「特急」を設定

1991年 新千葉鉄道、車両新造開始

      成田空港乗り入れ計画に参入し、空港線の免許を取得

      八街鉄道の北成田~八街間の免許を受託

1992年 千葉県より、本八幡~新鎌ヶ谷間の免許を受託し、

      新千葉本線が東京10号線延伸新線となる。

1994年 新千葉鉄道空港線全通、空港特急を新宿~成田空港間で運転

1996年 新千葉本線全通、都営新宿線と相互直通運転開始

1997年 新宿線内での急行運転開始、

      空港特急、特急が新宿線内急行列車で運行

      空港特急一部列車が橋本まで直通

1998年 新千葉鉄道八街線、八街鉄道の北成田~八街~木更津金田間同日開業

2001年 東京都心高速鉄道の線路増設用地を受託し、八街鉄道を横浜まで延伸

      社名を「八街急行電鉄」に改名

2002年 京成電鉄よりAE100形同型車をリース

      3編成全車両を「エアポート新千葉」として新宿~成田空港間で運転開始

2006年 標準型車両の400系を製造開始

2008年 京王線との直通運転を休止

2010年 日本車輌でS40系の製造を開始、10編成を日本車輌で、

      8編成を三河原車輌製造で製造

      特急「エアポート新千葉」、「三河原」をS40系で運転開始

2011年 東京ポートラインとの相互直通運転を開始

      特急「なりた」、「シーサイド」の運転を開始

 

東都電鉄ツイッター

ホームページ開設日

2010年11月20日