2012/1/9 新千葉鉄道新路線開業について

いつも東都グループをご利用いただきありがとうございます。

さて、このたび新千葉鉄道で、東都線ー成田地区間の利便性向上を目指し、

新路線が開業することとなりました。

詳細は以下の通りです。

 

1.路線区間について

  北成田ー横浜間において建設中です。

2.開業日時について

  平成24年1月22日を予定しています。

3.路線名について

  当路線にとって最も関わりのある八街を取り、「八街線」とします。

  また、八街ー横浜間は東都グループ全額出資で設立した「八街急行電鉄」が営業します。

4.東都関東バス八街系統の拡張について

  系統を2つ増やし、本数についても増発する予定です。

 

またこの路線は、本線だけでなく空港線とも直通し、成田空港から横浜方面への利便性の向上を目指します。

  新千葉鉄道では、千葉ニュータウンから各地へのアクセスをもっと便利に出来るよう、

これからも努力して参ります。

 

2011/12/31本日から1月3日までの臨時ダイヤについて

東都グループでは、1月3日まで臨時ダイヤで運行しております。

また、本日から明日にかけて、終夜運転を実施いたします。

内容は以下の通りです。

 

1.12/29~1/3までの臨時ダイヤについて

 全線土休日ダイヤで運行いたします。

 また、通勤時間帯にしか快速急行を運転しない路線では、

 1時間に1本の間隔で運転いたします。

 

2.大晦日から元旦にかけた終夜運転について

 ・全線普通列車(各駅停車)を15分間隔で運転いたします

 ・臨時列車を運行します

  以下の路線にて、臨時列車を運転いたします。

  ・戸浜線・・・大峰山初日の出号、ときわ初日の出号

  ・立川線・・・東都御獄初日の出号

  ・木浜線・・・房総初日の出リレー号

  ・新千葉線・・・成田初詣号、銚子初日の出号

 ・特急列車を運転します

  ・立川系列

   「たちかわ」、「おうめ」、「川越」、「ニューさがみ」、「湘南」を

   1時間に各1本ずつ運転します

  ・戸浜系列

   「浜ひたち」、「みうら」を1時間に2本ずつ運転

   「みうら」は大峰山に臨時停車

  ・新千葉系列

   「エアポート」、「みかわ」、「湯ノ原」、「シーサイド」、「なりた」を、

   1時間に各1本ずつ運転します

 

終夜運転の事項は、通常の土休日ダイヤの終電から始発の間で行います。

 

今回の報告は以上です。             

2011/12/18新千葉鉄道と大日本鉄道台場線との直通運転について

いつも東都グループをご利用いただき、ありがとうございます。

さて、今月30日から、現在直通運転を行っている「東京ポートライン」を経由し、

大日本鉄道台場線と相互直通運転を行うことにいたしました。

また、それにあわせてダイヤ改正を実施いたします。

内容は以下の通りです。

 

1.大日本鉄道台場線との直通運転について

 ・有料特急の新設

  大鉄線に直通する有料特急列車として、新たに「スーパー成羽」を設置します。

  大鉄線の御殿場中央より、当社線成田空港までを走ります。

  【停車駅】成田空港、空港第二ビル、新鎌ヶ谷、本八幡(運転停車)、

        行徳、有明、羽田空港国内線ターミナル、

        羽田空港国際線ターミナル、大鉄横浜、御殿場中央です。

  【運行間隔】60分間隔での運転を予定しております。

  【使用車両】当社車両からは好評を頂いております40系の運転を予定しています。

 

 ・新種別「エアポート特急」の新設について

  お客様が運賃のみで気軽にご利用できる列車として、「エアポート特急」を、

  新設いたします。

  【停車駅】御殿場中央、大船、大鉄横浜、大鉄横浜、羽田空港国際線ターミナル、

        羽田空港国内線ターミナル、大井競馬場、有明、行徳、

        本八幡、新鎌ヶ谷、北成田、空港第二ビル、成田空港です。

        ※列車によって、芝山町発着もございます。

 

 ・各駅停車・急行・特急の運転範囲について

  大鉄線内を普通・快速で運転。走行範囲は東京ポートラインと同じです。

  【直通範囲】新千葉本線:本八幡ー北成田・新千葉銚子間

             印旛線:千葉NT中央北ー京成成田間

             空港線:北成田ー芝山町間

  【大鉄線内直通範囲】台場線:有明ー産業道路間

             千名ライン:産業道路ー大鉄横浜(各停、急行)・大船(特急)

 

2.複々線化工事及び駅拡張工事終了に伴う変更について

 ・三河原線、印旛線、我孫子線の単独編成による本八幡駅乗り入れ廃止について

  当社における節電対策及び、運行本数の確保のため、

  上記路線の単独編成による本八幡駅乗り入れを廃止いたします。

  【概要】分岐駅まで、本線列車に増結して運転いたします。

      三河原線→千葉NT中央北駅にて増解結

      印旛線→千葉NT中央北駅にて増解結

      我孫子線→新鎌ヶ谷駅にて増解結

      これにより、通勤時間帯の本数確保や、

      本線の北成田以東への直通列車増発が出来ます。

  【編成組み合わせ】以下のように運転します。

     凡例:本線編成+分岐編成

  三河原線:8+6両編成、8+8両編成

    印旛線:8+4両編成、6+6両編成

  我孫子線:8+6両編成、6+4両編成

 

 ・有料特急列車の所要時間短縮について

  複々線化により、通過駅の通過制限速度が引き上げられたため、

  従来よりも所要時間が短くなります。

  【所要時間変更】

  例:成田空港ー本八幡間・・・24分→21分

    新三河原ー本八幡間・・・29分→23分

  また、成田空港ー新宿間を最短41分で結びます。

 

 ・新型車両の導入について

  このダイヤ改正によって足りなくなる車両を今月23日より宮野台車両センターに、

  投入いたします。既に三河原車輌製造にて製造中です。

  【形式】240系(東京都心高速鉄道にてT2000形で走行しています。)

  【帯色】新千葉線のピンクに、利根川と空を表すスカイブルー

  【投入編成】 4両編成6本24両

           8両編成10本80両

  【車内】全車セミクロスシートで、両端の車両にトイレ設置。

 

今回の報告は以上です。

 

東都電鉄ツイッター

ホームページ開設日

2010年11月20日